感染症予防のために診察内容を変更しています。詳しくは、新型コロナウイルス感染症への対応をご確認ください。

Q&A

【Q&A】針をしても一週間たつと元に戻ります

Q.

先日腰痛症で受診したものです。翌日すっかり良くなって仕事も復帰できたのですが、3日後ぐらいからまた少しずつ痛くなり出して、一週間で元の痛さに戻ってしまいました。 やはり治らないのでしょうか?

A.

来院ありがとうございます。当院のはりは、ツボを刺激して血流をよくし、神経や筋肉を緩めます。

その緩み方はいろいろで、病気や症状の性質、強さ、期間によっても違いますし、患者さんの体質などによっても様々です。はりをした直後からよくなる人、翌日の朝よくなる人、した後はだるくなって翌日からよくなる人などいろいろです。

腰痛症や肩こりの場合は、根本に長年の凝りがある場合が多く、一度緩んだ筋肉も、日々の生活・仕事・ストレスなどによって、また疲れが溜まってくると、凝りもだんだんとぶり返してきます。 腰痛症の程度が強かったり、負荷が多過ぎると、コリがまたぶり返してきて痛みが強くなるので、腰痛症が戻ったような感覚になります。

そのような時は出来るだけ早めにお越しいただき、凝りが戻り切ってしまわないうちに、治療することをお勧めします。何回かはりをして緩めていると、段々とぶり返し方が少なくなって痛みを感じにくくなっていきます。

関連記事