10/13(木)-15(土)は、院長不在です

健康情報

熱中症対策に甘酒を

梅雨が明けた途端に猛暑が襲ってきました。
昨今の暑さは尋常ではないですから、充分な水分補給と、クーラーなどによる室温の管理は、しっかりやってください。

その上で、最もお勧めするのは、甘酒です。

甘酒は、「飲む点滴」といわれています。
ビタミンB1・B2・B6、食物繊維やオリゴ糖やアミノ酸、
多くのブドウ糖を含むからです。

また、甘酒は発酵食品で、胃腸の働きをよくします。
胃腸の働きがよくなると、食欲も出て元気になります。
夏場は水分補給と冷たい飲食物が多くなりますから、どうしても胃腸が弱ります。
東洋医学では、胃腸は食べたものをエネルギーに変えるところなので大切にしています。弱りがちな胃腸に甘酒は最適です。

飲み方

食前におちょこ一杯程度でかまいません。ぜひお試しください。
料理に砂糖代わりに使ってもいいです。

甘酒の選び方

スーパーに行くと、甘酒も各社さまざまなものをそろえています。
選び方のコツをお教えします。裏の成分表を見てください。
なるべく昔ながらの製法で作られ、よく発酵されたものお選びください。

①米麹・米が原材料のもの。

甘酒には米麹から作られたものと、酒粕から作られたものがあります。
米麹から発酵されたものを選びましょう。

②添加物が少ないもの

砂糖や香料で味を調えたり、粘稠剤や添加物の入っていないものを選びましょう。

お勧めは、こちら

関連記事