当院では、あなたの症状に合わせ、ご希望に応じて漢方薬、はり、どちらでも治療いたします。東洋医学的に、あなたのお身体の状態をご説明いたします。

小児はりについて

  • HOME »
  • 小児はりについて
LINEで送る

小児はりって何?

 ご家庭で、お子さんの健康管理・健康増進をと、古来からおこなわれている「小児はり」。その歴史は250年にも及びます。もちろん、現在でも幅広く支持されています。

 

小児はりは痛くない?

 小児はりには、いろいろな種類があります。へら状のものや、先の丸いもの、とがっているもの。基本的には刺さずに、つぼを刺激するだけで直します。子供は敏感なので、刺さなくても効果は現れます。

 

 

何歳くらいからできるの?

 生後1ヶ月から10才ぐらいまでが目安です。それ以後は発育の度合いや病状によって、おとなにやる鍼も加えていきます。中学生になっても、小児はりだけで十分治る子もいます。要するに状態に合わせればいいわけで、何才までと区切る必要はありません。

 

治療回数、間隔はどのくらい?

 例えば、普通のかん虫なら、3~5回毎日続けてやればおさまります。それでもダメな時は、2、3日あけてまた3~5回毎日続けます。

 かん虫は治療後1ヶ月ぐらいでまた出てきますから、お母さんにはその旨説明し、早めの来院を勧めます。

 ぜん息・アトピー性皮膚炎など慢性で時間がかかりそうなものは、とりあえず3~5回毎日続けて治療し、子供がなれ症状も落ち着いてきたら週1、2回定期的に治療します。

 その間、ご家庭で スキンタッチ をしてもらうとより効果が上がります。調子のいい時でも小児はりを定期的にすることで、かん虫や病気の予防になりますし、発育促進につながることを、お母さんに伝えましょう。

 小児はりをしている子はよく食べるようになり、カゼもひきにくくなります。

 

小児はりの模様

お気軽にお問い合わせください。 TEL 088-669-1676 予約の方を優先致します。

  • メールでお問い合わせはこちら

カレンダー

PAGETOP
Copyright © おおうえ薬局治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.