10/13(木)-15(土)は、院長不在です

受診に際して

どんな格好で治療を受けますか?

できるだけ楽な服装でお越しいただくか、ご用意ください。肘・膝・背中・腹部が出せるような服装がいいです。

当院では東洋医学の考え方から、たとえ一部の症状でも、全身の治療を行います。
身体のバランスが崩れたために、その症状が出ていることが多いからです。
ですから、背中や手足などのツボを使うので、少なくとも肘や膝まで容易に出せるような格好でお越しください。症状によっては、患部がよく出るように、していただくことがあります。

お貸しできるハーフパンツは用意しています。

関連記事